EXHIBITION SPACE APJ


フォーラムアート・ショップでは、外側ガラス面約20メートルの空間に、1997年以降14年にわたってエキジビション・スペースにて開催してきた作家を中心に約100点のザ・コレクションを常設展示中です。

Archive 2017


これまでに開催してきたエキジビション・スペースの企画を可能な限りピックアップいたしました。エキジビション・スペースの歩みをご覧ください。


2017年6月2〜7月17日 「繁田真樹子 染めのキモノ」於 エキジビション・スペースAPJ
「繁田真樹子 金魚日和2017」於 ザ・コレクション

染色作家・繁田真樹子氏の新作・近作の着物4〜5点をアート・ショップ 併設のエキジビション・スペースAPJで、
アート・ショップの20mにわたる ウィンドウ(ザ・コレクション)では金魚柄など夏小物約50点を展示。
作家が高校時代を過ごした山口県柳井市の金魚ちょうちんをはじめ、金魚 グッズもショップにて展開。

繁田真樹子

伝統的なろう染めによる技法で、海老天、巻き寿司など日常の特別なモチーフを、
爽やかに着物の型の中で表現してきた繁田真樹子氏。宝塚歌劇の衣装を担当するなど、
その活動はますます拡がる。

恒例の夏の風物詩である金魚展。2017年は、ショップ併設のエキジビション・スペースAPJにて
新作・近作のキモノの世界を、
ショップウィンドウのザ・コレクションにて繁田氏の金魚柄や夏小物を、
ショップ
では、繁田真樹子氏が高校時代を過ごした山口県柳井市の有名な金魚ちょうちんをはじめ、
金魚グッズを展開予定。

柳井の白壁通り一帯に吊るされる有名な8月の風物詩を、
繁田真樹子の染めの世界とともに一足早くお楽しみください。

ショップでは、繁田金魚の注染手ぬぐいを¥1,080(税込)にて限定300部販売。

繁田真樹子 Shigeta Makiko
1974年 山口県生まれ
1996年 京都精華大学美術学部デザイン学科テキスタイルデザイン専攻卒業
1998年 京都精華大学大学院美術研究科修了
現  在 神戸芸術工科大学非常勤講師
   
1997年 個展 エキジビション・スペース、東京
  [図録(¥1,000), 風呂敷『海老天』(完売)『衣替え』(各\3,500)制作]
2003年 個展「繁田真樹子 金魚日和」エキジビション・スペース、東京
[和綴図録¥1200, 小風呂敷『akogare』2色違い(各\1,500)]
CDジャケット「アジアン・リラックス〜ヒーリング・コンプレーション〜」日本クラウン
2004年 「金魚滿堂」エキジビション・スペース、東京
個展「繁田真樹子 染展—hope」ギャラリーギャラリーEX、京都
2006年 個展「繁田真樹子 染展—imagined scenery」同時代ギャラリー、京都
2009年 個展「繁田真樹子 キモノ展」大阪成蹊大学ギャラリー Space B、
花組 宝塚バウホール/東京特別公演「オグリ!」〜小栗判官物語りより〜 衣装担当
2011年 個展「繁田真樹子 キモノ展 『ツツンデ*ムスンデ』」ギャラリーギャラリーEX、京都
2014年 個展「繁田真樹子 金魚日和」ザ・コレクション、東京 (2016)

繁田真樹子 繁田真樹子
  柳井の金魚ちょうちん
2017年4月23日〜5月28日 安藤 康裕 ロンド

240頭あまりのシジミ蝶やアゲハ蝶のブローチ
素材:真鍮、ステンレス、銀、セラミック塗装

M.ラヴェルの曲をモチーフに作られた蝶々のブローチ。
ウィンドウ20mに渡る蝶々のパヴァーヌ(舞踏)をお楽しみください。
安藤康裕 ロンド 安藤康裕 ロンド

2017年4月5日〜4月23日 村上保 仮説の笛
Tamotsu Murakami – hypothetical flute

『村上保 彫刻作品集Ⅱ 2001-2016』¥1,000+税 
A4変型サイズ(24x19cm)、40頁、カラー

彫刻家・村上保氏による新作個展。
大作4点、中小品3〜4点。
このたび、エキジビション・スペースAPJにおいて、彫刻家・村上保氏の個展を開催します。
これまで、古代遺跡、武具、楽器、想像上の生きものなどをモチーフに、
神話や民話的世界の叙情性を乾漆で表現してきました。
乾漆という伝統的技法で、合板や発泡スチロールを支持体にカシュー漆を塗り重ね、
サンドペーパーで削り、独特の肌合いを生み出しています。

「僕は今まで蝸牛(かたつむり)、柩(ひつぎ)、風船、空蝉(うつせみ)などの姿を借りて、
形を成す殻の内部、つまり不在(空っぽ)の部分にも実在と等価の“かたち”を与えようと試みてきました。
今回の展示作品も同じコンセプト上にあります。向き合った笛の発する音が共鳴し合うという“仮説”で、
笛の内部に加え、その間にできた空間の存在も喚起することを意図しています。」(作家のことば)

大作4点と中小品3〜4点の彫刻作品を展示致します。

村上保—
共鳴笛-トライアングル- H85×W150×D100㎝

村上保 
Tamotsu Murakami

  1950年 愛媛県生まれ
  1974年 東京学芸大学卒業
  2000-01年 文化庁派遣芸術家在外研修員として英国滞在(Tate Britain, Tate Modernにて研修)
現在、東京都在住
  展覧会歴(2000年以降)
  2000年 “第6回KAJIMA彫刻コンクール” (銀賞受賞)鹿島KIビル、東京
“モダンアート展” (~’16)
  2002年 個展 “飛行計画”アート・ジーン・ギャラリー、U.K.
  2003年 個展 “羽化”エキジビション・スペース、東京
個展 “風の触点”プラス・マイナス・ギャラリー、東京
“カオスモス ’03 マインド・スケープ”佐倉市立美術館、千葉
  2004年 個展 “羽化-飛翔空想”メタルアート・ミュージアム光の谷、千葉
  2006年 個展 “微風の森”ワコール銀座アートスペース、東京
“現代彫刻7人展”パロスギャラリー、東京
  2009年 個展 “羽化-風の居ない森”マキイマサルファインアーツ
  2010年 個展 関口美術館、東京
  コレクション
  三重県尾鷲市、山形県蔵王高原モニュメント、東京・神田 第一生命ビル


2017年3月16日〜 3月19日 アートフェア東京2017 
https://artfairtokyo.com/

エキジビション・スペースAPJ (ブース番号 N90)
※同ブース内にて「宇野亞喜良x石黒亜矢子 二人展『変奏曲』」開催。
アートフェア東京2017  アートフェア東京2017 
アートフェア東京2017   
■出品予定作家(敬称略・50音順)
伊能一三 伊能一三
「へいわののりもの(ぼうや)」2017年
漆、木、桐塑、地の粉、米粉、金箔 
H200xW70xD50mm
高田洋一 高田洋一
「浮遊林—いまだに妻と話が弾むのはおかしいの」2016年
流木、燈台躑躅(ドウダンツツジ)、河原石、
黒檀、大理石、真鍮、鉛 
H300xW260xD180mm
三橋遵 三橋遵
「テーブルの虹」
(H300xW300mm 版画ed.25)
吉川かおり 吉川かおり
「Fortune egg (north star)」2017年
石粉粘土、透明水彩、ガラス、樹脂粘土(星)
H180xW70xD70mm

2017年2月2日~2月6日 ロンドン・コレクト2017 2017.2.2~6

SAATCHI GALLERY, LONDON
www.collect17.org.uk

Exhibition Space APJ (booth no. 7.4)
"Giving Form to Invisible Forces" by Mika Kenmoku, Takahito Komure, Mikiko Minewaki, Shunji Omura, Yoichi Takada

■出品予定作家5名(敬称略・五十音順)
大村俊二 見目未果 小牟禮尊人
大村俊二
"Blade man 005"2016
見目未果
"Chord" 2016
小牟禮尊人
"mirage"2016
高田洋一 嶺脇美貴子  
高田洋一
"Floating Woods"2016
嶺脇美貴子
"superkinoko"2016
 
   
ロンドン・コレクト2017 ロンドン・コレクト2017




店舗名 フォーラム・アート・ショップ
営業時間 10:00~20:00
定休日
所在地 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号 東京国際フォーラム1F
アクセス 有楽町駅より徒歩1分
東京駅より徒歩5分 (京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)
電話番号 03-3286-6716
URL http://www.forum-art-shop.jp/